viDocメイン画像

 

常に動く現場に、
モバイルデバイスで、正確な3Dスキャンを。

 

大型レーザースキャナーやドローンよりも、手軽かつスピーディーに、精度の高い位置情報を簡単に取得

建設現場における構造物や埋設配管、溝などをデジタル化して記録することができます

 

 

 

viDoc RTK rover の製品概要、使用方法、事例のご紹介をする
ウェブセミナーを開催致します!

 

Pix4D社とSkyLink Japanによる、viDoc RTK rover で行う
屋外でのデータ取得から、クラウド(PIX4Dcloud)へアップロードして何ができるかまで
確認していただけるウェブセミナーになっています。
質疑応答の時間もございますので、導入を検討されている方は是非ご参加ください!(※事前登録制)

 

 

 

viDoc RTK roverとは

 

viDoc RTK roverはLiDAR搭載型のiPhone/iPadを活用し、
高精度な位置情報を持った現場の3D画像データを簡易に取得できます。

 

  • ・ 大型機器は必要なし。viDoc RTK roverだけでOK
  • ・ 高精度位置情報を付加した、現場3Dデータを取得
  • ・ Ntrip方式による高精度なネットワークRTK測量
  • ・ 現場撮影からSfM処理に簡単に連携可能

 

直感的で操作性に優れ、誰にでも簡単に点群を集めたり、
高精度な3Dデータを作成することができます。

 

建築現場基礎

建築現場基礎

現場の工程が3Dデータなのはもちろん、時系列で可視化・共有もでき、切土・盛土の把握も。

備蓄量の体積計算

備蓄量の体積計算

高精度の位置情報が付与されているので、生コンの計算からミキサー車の確保まで、正確に判断可能。

交通状況の把握

交通状況の把握

車両配置や事故現場の状況記録などにも活用できます。海外では実際に活用されています。

 

viDoc RTK roverでできること

Pix4Dの3Dデータ画像

ドローンなどの飛行が困難な場所などの現場において、モバイル端末による画像取得から、3Dデータの作成まで実現可能

障害物があっても計測可能。樹木や木々など上部から垂れ下がっている障害物があっても、見落とすことなくデータ収集が可能

障害物のある地点でも見落とすことなく計測もデータ収集も可能
クラウド上でシームレスに画像処理が行える

PIX4Dcloudと連携し、撮影から取得までクラウド上で高精度な画像処理をシームレスに行える。時系列に現場を確認、体積計算や共有も可能

 

現場の全てをデジタルに残せます

 

viDoc RTK roverの基本的な使い方

 

 

  1. viDoc RTK roverを取り付けたスマホ・タブレットで検証したい対象物をゆっくり一筆書きで撮影
  2. 撮影したデータを直感操作で、そのままクラウドにアップロード(別途PIX4Dcloudの契約が必要)
  3. アップロードしたデータは自動で3Dモデルや点群に生成され、いつでもクラウドからアクセス可能

※クラウドだけでなく、デスクトップ処理ソフトにエクスポートすることも可能です。
PIX4Dmapper / PIX4Dmatic(デスクトップ処理)
PIX4Dcloud / PIX4Dcloud Advanced(クラウド処理)
※デスクトップ処理の場合、PIX4Dcatchの処理に最適化されたPIX4Dmaticをご利用いただくのがおすすめです。

 

 

 

viDoc RTK roverはなぜ高精度の位置情報を取得できるのか

 

viDoc RTKroverは、Pix4D社が提供している無料アプリ「PIX4Dcatch」がインストールされている対応端末と
Bluetoothでペアリングし、Ntrip方式のリアルタイム補正データ配信サービスを
組み合わせることで、高精度の撮影位置を記録することができます。

高精度位置情報が取得できる理由

 

ほかにも便利なシングルポイント計測機能として、viDoc RTK rover を一脚で固定したあと、
シングルポイント計測モードにして一定時間(デフォルト設定で15秒)水平を保つことで、
レーザーが照射された位置の座標を記録することができます。(※レーザー照射機能はiPhone版のみ対応)

 

 

SkyLink Japanで購入するメリット

 

お客様それぞれに合わせたソリューションサービスをご提供致します

導入に関するご相談はもちろん常に無料です。
目的、計測精度、運用形態、予算等、あらゆるご要望に合わせて
最適なソリューションを、保険や教育なども合わせて提案させていただきます。
当サービスにおいて、SkyLink Japanでは、最先端のソリューションをパッケージでご用意しております。

 

viDoc推奨購入パッケージ

 

SkyLinkパック【4DLink】活用例

 

弊社のSkyLinkパックのご利用で、現場のデジタル化をさらに実現することができます。
その一例をご紹介します。

 
北谷公園でのサンプルデモ

地図上に違うプロジェクトを同時配置できる

現場の作業を日付ごとに管理することができます。さらに、色分けや地図上に3Dデータを配置することができ、現場の進捗等も簡単に分かります。
(※分かりやすく、時系列が違うプロジェクトを色分け表示しています。)

 
西松本児童公園のviDoc撮影2D画像

3Dはもちろん、2D写真もクラウド上で確認可能

viDocで撮影したものを3Dデータで確認。その際の点検・確認として、2D写真を拡大し、クラックや不備、欠陥など現場詳細も確認が可能。

 

 

▼ 動画で詳細ご紹介 ▼

 

 

【ご利用にあたり必要となる要件】
・インターネット接続環境
・対応モバイル端末およびNtripサービスの接続契約
・PIX4Dmapper、PIX4Dmatic、PIX4Dcloud (Advanced) ライセンス (後処理用)
PIX4Dライセンス商品一覧はこちらから

 

viDoc RTK roverの製品ラインナップ

 

viDoc RTK roverは、iPhone Pro/ ProMax用と、iPad Pro用の2種類がございます。
※対応機種は下記でご確認ください

iPhone用viDoc端末

iPhone Pro / Pro max用

対応機種:
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max

iPadPro用viDoc端末

iPad Pro用

対応機種:
iPad Pro (11インチ、2020年モデル)
iPad Pro (11インチ、2021年モデル)

 

 

viDoc RTK rover の製品概要、使用方法、事例のご紹介をする
ウェブセミナーを開催致します!

 

Pix4D社とSkyLink Japanによる、viDoc RTK rover で行う
屋外でのデータ取得から、クラウド(PIX4Dcloud)へアップロードして何ができるかまで
確認していただけるウェブセミナーになっています。
質疑応答のお時間もございますので、導入を検討されている方は是非ご参加ください!(※事前登録制)